LINE FXの1取引最大5,000円キャンペーンは超簡単。手順を紹介するよ

おススメFXキャンペーン

LINE FXは現在『口座開設+1取引』で最大5,000円プレゼントキャンペーンを実施しています。実はこの条件は難しそうに見えて、とっても簡単にクリアできてしまうんですね。

とは言え、FX初心者の方はハードルが高いように思われがちなので、【1取引とは?必要な資金は?この悩みを解決できる記事となっております。

また、実際にその取引手順と低資金で方法をご紹介していますので、是非チャレンジしてみてください。

LINE FX キャンペーン概要

まずは、キャンペーン対象者となるためのキャンペーンの適用条件をしっかり確認しましょう。

対象者

口座申込対象期間に口座を申込後、取引対象期間中に口座開設を行い、新規1取引以上の取引を完了する必要がある。

取引対象期間:口座申込の翌月末までの取引が必要なので、仮に2021年4月13日に口座申込みをした方は、翌月5月末までに1取引を完了する必要があります。

取引数量に応じたキャッシュバック特典

・1000通貨〜1万通貨未満:1,000円
・1万通貨以上:5,000円

特典の付与時期:取引対象期間の翌月末までに特典付与されます。

※2021年4月1日~2021年4月末日までに口座申込を実施した場合、取引対象期間は2021年5月末までとなるため、特典は2021年6月末頃に付与されます。

LINEFXの1取引とは

10,000通貨取引をLINE FXでは1Lotとしており、1Lotを1回取引することで5,000円がキャッシュバックされます。もしくは、1,000通貨取引(0.1Lot)を10回取引しても5000円キャッシュバックの対象となります。

集約すると、【対象期間内に合計10,000通貨の取引量があれば5,000円もらえると言うことになります。

必要な証拠金は

必要証拠金とは、取引をするのに必要な委託金(担保)のようなものです。

通貨ペアで必要証拠金は変わってきますが、こちらの画像は4つの通貨ペアの証拠金一例です。

この画像では、1,000通貨単位での最低必要証拠金を表していますので、10,000通貨取引の場合は10倍の証拠金が必要になります。米ドル/円通貨ペアであれば2021/1月時点で41,000円(10,000通貨単位)ですが、そんな資金は無いっ!!と思った方、ここからがこの記事の本題です。

着目してほしいのは、ここ

あれ?安くない?そうなんです

南アフリカランド円の為替レートは、ここ数年6円~15円で推移しています。レートが低いと証拠金も少なく済むので、この南アフリカランド円を活用して低資金で1取引を実現させます

取引手順

スマートフォンのLINE FXアプリで十分なので、LINE FXアプリ画面より解説します。その前にLINE FX口座を開設されていない方は、こちらの公式サイトよりご登録してください。

LINE FX

南アフリカランド円は現在7.5円なので、1Lot=必要証拠金は約3,000円ですが余剰資金は必要なので、5,000円程入金するとより安全です。※証拠金維持率の関係です

① 手順LINE FXアプリ起動後、暗証番号入力

② こちらがLINE FXの取引画面になります。取引手順を順番に解説します。

 下のアイコン項目から注文をクリック
 取引通貨ペアからZAR/JPYを選択
 注文数量は×10000を選択(通貨単位)
 1を選択(Lot)

 売BIDもしくは買ASKを選択(ボタンを押すと注文が入ります)
 こちらは決済専用の項目です。売エントリーしたならば売建一括決済を、買エントリーしたならば買建一括決済を選択してください。すべての建玉を決済するには、ZAR/JPY一括決済を選択してください。

この1画面で実はすべて完結してしまうほど簡単な取引なんですね。

1取引とは、注文エントリーして決済完了するまでなので、必ずどこかで決済する事

まとめ

如何でしたでしょうか、南アフリカランド円を活用すれば、少ない証拠金で1回の取引でキャンペーンの対象となります。ですが投資にはリスクはつきものなので、十分FXの仕組みを理解したうえで取引を心がけましょう。

もう一つ注意点としては、必要経済指標で発表があると、相場は荒れるのでこのタイミングは避けたほうが良いです。なので相場が安定しているお昼頃を目安に取引する事を心がけましょう。それでも不安な方は、指値逆指値の損切ラインを設定すればより安全に取引できます。

エントリーして決済後、すぐに口座から出金してもキャンペーンの対象となるので問題はありませんこの機会に、FXがもっと身近になればと思う管理人でした。

ちなみに・・・LINE FXは嘘偽りはありませんでした★

                 ↓↓↓

LINE FX以外にも、おススメしているFX業者はこちらから

 

コメント